Dispo(ディスポ)の写真の保存方法・仕方の詳細を解説!

この記事では、Dispo(ディスポ)で撮った写真の保存方法について解説しています。

Dispo(ディスポ)は写真を撮るだけではなく、自分の撮った写真や、公開されている写真をライブラリに保存しておくことができます。

今回はDispo(ディスポ)初心者にも分かりやすく、写真の保存の仕方について説明していきます。

簡単な操作でできるので、気軽に試してみてください。

更に、お気に入りに保存する方法についても触れていきたいと思います。

Dispo(ディスポ)の写真の保存の仕方を解説します!

 

それでは早速Dispo(ディスポ)で撮った写真の保存方法を画像付きで説明していきましょう。

Dispo(ディスポ)では、自分の撮った写真とフォロワーの写真、どちらの写真も保存することができます。

 

自分の撮った写真の保存方法

自分の撮った写真は翌日の9時以降から閲覧することができるようになります。

まずはロールから出来上がった写真を確認してみましょう。

 

 

日常というロールの写真が出来上がっていました!

保存したい写真の入ったロールを開きます。

 

 

このロールの中から保存したい写真を開いて、ココをタップします。

 

そして、保存をタップすればOK。

 

 

保存された写真は、ライブラリの「保存済み」に保存されています。

一度確認してみましょう。

ライブラリはココ。

 

 

ライブラリの中の「保存済み」フォルダに、先ほど選んだ写真が入っています。

 

 

これで、自分で撮った写真の保存は完了です!

簡単でしたね!

 

フォロワーの写真の保存方法

続いて、フォロワーの写真やシェアしているロールの写真を保存してみましょう。

まず、フォロワーの公開ロールやシェアしているロールを開きます。

※今回はデフォルトのフォローページを使用します。

 

 

この中から保存したい写真をタップします。

 

 

保存したい写真が決まったら、その写真をタップして表示させます。

 

 

ココから「保存」をタップ。

 

 

これでフォロワーの写真の保存が完了です。

保存した写真は先ほど同様、ライブラリの「保存済み」フォルダに保存されます。

確認してみましょう。

 

 

ライブラリの「保存済み」に追加されていたらバッチリです👍

 

保存した写真を解除することも可能

 

 

「保存済み」フォルダから写真を解除することもできます。

 

 

「保存済み」一覧から解除したい写真をタップします。

 

ココから「保存解除」をタップ。

 

 

これで保存済みフォルダから画像を解除することができました。

 

「保存済み」フォルダから消えていたら成功です。

 

写真を「お気に入り」に保存する方法

 

自分で撮った写真は「お気に入り」に保存することもできます!

保存方法は、前述の保存の仕方とほぼ同じ操作でOKです。

 

まずはライブラリから自分の写真を開きます。

 

お気に入りに保存したい画像をタップ。

 

ココから「お気に入り」を選びます。

 

 

すると、ライブラリの「お気に入り」に保存することができます。

 

「お気に入り」フォルダに保存されていたらOKです。

※お気に入りに保存できるのは、自分が撮った写真のなので、お間違いないく!

 

Dispo(ディスポ)の写真の保存方法を解説!初心者にも分かりやすく保存の仕方を説明します!まとめ

写真の保存方法についてDispo(ディスポ)初心者にも分かりやすく説明してきましたが、いかがでしたか?

簡単な操作で写真の保存と解除ができましたね!

お気に入りの写真をたくさん保存して、自分だけのライブラリを作ってみましょう。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です